ベル・ジュバンスのストレートパーマ

弱酸性だからできた、ストレートパーマの理想形!ソフトアシッドストレート

ふくらみすぎる。はね上がる。ほしい毛流れが作れない。
くせ毛に悩んでいる方でなければわからないその扱いにくさ!
全体でも部分でも、毛根からスーツとスタイルどおり思いどおり「素直に」流れてほしい髪、ですよね。

そんなニーズにしっかりお応えできる弱酸性ストレートパーマ(縮毛矯正)=ベル・ジュバンスソフトアシッドストレートにいま、熱い視線が集まっています。

感触が違う!弱酸性だから出せる、しっとり自然な毛流れとツヤ
施術例1施術例2

“くせ毛”の悩みは、程度の差はあってもほとんどの人にある

「ストレートパーマ(縮毛矯正)は髪を傷めるので、繰り返しかけるのはやめたほうがいい」というのが、これまで美容の世界では常識になっていました。
これまでのストレートパーマ(縮毛矯正)では、使う薬液がアルカリ性で、さらに高温のアイロンをあてて髪を伸ばしますので、アルカリも熱も、タンパク質でできている髪にとっては大きなダメージになるからです。
それにもかかわらず、くせ毛で悩む人は多く、「少しくらい髪が傷んでも仕方ない」と施術するか、「髪は傷めたくないから」とあきらめるか、このどちらかしかなかったのです。

理想のストレートパーマ(縮毛矯正)は皆様の期待をあつめて「弱酸性」から!

「髪が傷みやすいストレートパーマ(縮毛矯正)をもうこれ以上続けられない」と悩む多くのお客様のニーズに一日でも早く応えなければと、ベル・ジュバンスでは3年前から本格的にストレートパーマ(縮毛矯正)の開発に取り組み、そして、ついに弱酸性美容法によるストレートパーマ(縮毛矯正)=ベル・ジュバンスソフトアシッドストレートが製品化されました。あわせてベル・ジュバンス技術陣によりその施術法が完成し、今秋から技術講習が始まり、現在「ベル・ジュバンスソフトアシッドストレート」は全国の弱酸性美容室へと広がりつつあるところです。

“くせ”という名の「生きた髪」健やかにしながらストレートを施す

「髪が膨らみすぎてスタイリングが決まらない」「つむじが大きく割れてしまい地肌が目立つ」「額や生えぎわの毛が、フェイスラインにそって自然に流れない」等々、なかなか思いどおりにならない髪流れ。 これはだれにでもあるその人特有の“髪事情”とも言えるものです。
くせ毛を強い薬液と熱で変形させて「ナイロンのようなストレート」にする施術では、髪はただの素材。髪を「物質」として化学変化させた結果にすぎません。
髪を生きているものとして扱う弱酸性美容法では、髪はぜったいに傷めてはならない体の一部です。毛髪の形質や生え方、乾燥の程度に合わせて「その人固有の髪事情」を把握して、生きた髪のしなやかでまっすぐな髪流れを作ります。
髪を健やかにして引き締める「弱酸性の特質」を最大限に生かして誕生したのが、今回ご紹介の髪が喜ぶストレートパーマ(縮毛矯正)、「ベル・ジュバンスソフトアシッドストレート」。一髪を傷めることなく「くせ毛」はしっとりと落ち着いて、1回目より2回目、さらに3回目へと、繰り返すほどストレート効果があがるのが特長です。是非、スズカ美容室でお試しください

施術後の注意点
  • 施術当日は、シャンプーをしないで下さい。
  • 施術後1週間は、ゴムで結んだりピンで留めたり耳にかけたりしないで下さい。癖がでる恐れがあります。
スズカ美容室ロゴ

〒510-0874 三重県四日市市河原田町2331-2
TEL:059-345-5035
営業時間 9:00~18:00(パーマ受付最終 14:30)
定休日 毎週月曜日、第3日曜日

  • ■営業日カレンダー