よくある質問

地域で一番愛される美容院を目指す、四日市のベル・ジュバンス サロン スズカ美容室です。当サロンへよくいただくご質問をQ&A形式でご覧いただけます。また、ここに掲載されていない項目でわからないことやご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

サロンについて

予約は必要ですか?

お客様にはお待たせする時間をつくらないよう努力しておりますので、できる限りご予約をお願いいたします。 特にストレートパーマ(縮毛矯正)は時間がかかりますので、時間に余裕を持ってご予約ください。

当日予約はできますか?

当日の予約状況によりますので、お気軽にご連絡ください。 また、ストレートパーマ(縮毛矯正)などお時間の掛かるメニューに関しては、お時間によりお断りすることもございますので、ご了承ください。

予約方法は?

お電話またはスマホ専用アプリからご予約ください。

駐車場はありますか?

当サロン横にございますので、ご利用ください。

ベル・ジュバンスについて

弱酸性がよいのはなぜですか?

若々しいお肌や頭髪、頭皮のpHは、pH4,5~pH5,5の弱酸性を示します。これが人の健康な状態です。現代人のお肌や頭皮は、食生活の乱れやストレスの他、パーマ、カラーリングなど様々な原因によりpHが乱れて代謝が悪くなり、それが抜け毛、細毛などにもつながっています。弱酸性のトリートメントには、引き締め効果、殺菌効果がありますので、頭皮を健康な状態に保つことができるのです。ペーハーは人それぞれ違いますが、施術によりあなたに合った正しいpHにコントロールすることができます。定期的なケアで、いつまでも若々しい状態を保つことができます!

ベルジュバンスのトリートメントは、どのような効果がありますか?

ベルジュバンスは、頭皮の老廃物を除去するとともに、全身に酸素を供給します。施術後は、頭皮だけではなく、全身の血流がよくなりますので、顔色もよくなり、皮膚に透明感が戻り、目じりが上がり、むくみが取れてスッキリします。殺菌や収れん作用もあるので、より頭皮を清潔に保てます。お肌が敏感な方も安心して施術いただけます。

ベル・ジュバンスのヘアカラーは髪にやさしいといいますが、それは染める力が弱いということですか?

ベル・ジュバンスのヘアカラーは、髪のタンパク質を壊して髪内部から染め上げるアルカリ毛染め(医薬部外品)とは薬液も方法も違います。 ヘアマニキュアのように色素を樹脂で固めて髪を包む方法とも違います。 ベル・ジュバンスのヘアカラー「メーキングカラー」は、髪のタンパク質より弱酸性の染毛剤。色素をイオンが引き合う作用(電気の性質)でキューティクルにしっかり吸着吸収させる方法、髪を傷めることがありません。生きている元気な髪のまま染まるので、シャンプーや汗などで個人差はありますが数ヶ月で自然に褪色します。但し、髪を脱色する事はしないので、黒髪を茶髪のように明るくする事は出来ません。

他のサロンとの違いは?

ベル・ジュバンス弱酸性美容法のポリシーは、一貫して「健やかな美しさ」。 その場かぎりの表面的な美を提供する美容ではなく、人間の皮膚の生理に適った弱酸性で、髪をいたわり皮膚を守る健康美容です。 ヘアケアもスキンケアも、髪と皮膚のタンパク質より弱酸性の薬液で健やかなひきしめ作用が最大限に発揮され、つややかな髪、ハリのあるお肌を実感していただけます。

髪の悩みについて

シャンプーは毎日した方がいい?

はい。シャンプーすることで頭皮や毛根を清潔に保つことが何より大切です。 皮脂は、発毛と同時に外に出てくるため、きちんときれいにしておかないと毛根が詰まり、頭皮の炎症の原因になることもあります。 加齢とともに皮脂量は減りますが、皮脂を取り除くことは必要です。年齢による抜け毛や乾燥を気にしてシャンプーの回数を減らす方がいますが、かえって頭皮の環境を悪化させて、ハリ、コシの低下や髪を細らせる原因になることもあります。

毎日シャンプーをしているのに髪がいつもベトベトした感じです。サラサラにできないでしょうか。

体質や油っぽいものが多い食生活がまず原因に考えられますが、ヘアケアの間違いが原因の場合も少なくありません。 シャンプー(リンス)のすすぎは十分に丁寧にやっていますか? ムース類コート(ワックス)類を使っているときはすすぎを徹底的にしないと、どうしても油っぽさが残ります。弱酸性のへアトリートメントで頭皮と毛穴の大掃除が是非オススメです!

白髪が増えています。抜くか染めるか迷っています。

白髪を抜き続けると、だんだん髪が薄くなってしまいます。毛があればいずれは染められるのですから、むやみに抜くのはやめましょう。 ベルジュバンスの弱酸性は髪を傷めずにカラーリング(髪染め)も楽しめます。生え際や分け目に目立つ白髪は、周辺の髪を挟むように指で押さえ、白髪の根元からギリギリのところを一本一本小はさみをあてて切るようにします。 また白髪が5割を超えたら今度はむしろ白髪を生かしたオシャレに発想を変えてはいかがでしょうか。赤でもライトブルーでもどんな色の服にも映える白髪になられたら思い切り大胆なショートカットをお勧めします。

細すぎて猫っ毛。すぐペタンとなってしまい、パーマを強めに掛けてボリュームを出したい。

髪にコシを出すために強いパーマをかけてちりちりにしてしまうより、一本一本の毛の根元に作用して弾力性を持たせる弱酸性パーマをお勧めします。技術的にも毛流に逆ってウェーブを出すテクニックがあり、自然なボリュームを作ることができます。

フケ取りシャンプーを使っても効果がありません。シャンプーしてもフケがすぐに出ておしゃれが出来ません。

フケ取りシャンプーには洗浄力が強い分、脱脂力も強い商品があります。 使用時に毛穴にしみたり、チクチクした痛みを感じるようなら刺激が強すぎるということです。弱酸性の膜で守られている髪や皮膚への危険信号です。 シャンプーでは落とせないフケ(毛穴に固まった角質)を取り除くには弱酸性ヘアトリートメントを定期的に続け、頭皮と毛穴の大掃除し、健やかに活性化してあげましょう。 頭皮の角質化、フケ化を抑え頭皮表面の皮膚の生え変わるサイクル(約28日周期)を健全にする事を考えましょう。

癖っ毛でツヤがありません。ツヤのある髪質にしたいのですが。

癖っ毛だからツヤがないのではなく、もともと乾燥毛なのではないでしょうか。 1ヶ月に一回は弱酸性のヘアトリートメントで水分を補い、油分についてはシャンプーやブローの度に十分補うことを心がけましょう。 シャンプー後のリンスに加えてトリートメントオイルがお勧めです。 ブロー時の油分補給はべたつかないリファイニングモイスチャー、スクワランスプレーが、櫛どおりのよいつややかな仕上がりになります。
スズカ美容室ロゴ

〒510-0874 三重県四日市市河原田町2331-2
TEL:059-345-5035
営業時間 9:00~18:00(パーマ受付最終 14:30)
定休日 毎週月曜日、第3日曜日

  • ■営業日カレンダー